天体の音楽 -Sphärenklänge- Aldebaran

¥ 2,420 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. irisquartz
数量

★こちらは予約商品となります
発売日:2019年03月27日(水)

★ご予約商品につきまして(必ずご確認ください)
ご予約商品は、発売日の一週間前までにご入金が完了された方には発売日着でお届けいたします。それ以降は順次発送させて頂きます。
ご予約商品と発売中商品を同時注文された場合、予約商品の発売日と同時に配送させて頂きます。


「……後悔はしてないよ。自分なりに、たくさん考えて……痛くても、苦しくても、これでいいって、無理矢理にでも納得できてたんだ……今日、君に会うまでは」

間近で感じられる彼の声――優しく瞬く星の音が二人を未来へ導く

自然消滅してしまった元カレ・北斗との再会から始まる物語。
イベントにて発表されたシナリオをスタジオ収録し、シチュエーションCD化!

脚本:雨宮だりあ
キャラクターデザイン・イラスト:雪印
キャスト:河村眞人(かわむらまさと)
品番:IQCD-2008
発売日:2019年03月27日(水)

オリジナルシチュエーションCD
全編ダミーヘッドマイク収録


【ストーリー】
女子会の間、アナタは手にしたワインを乾杯以降、飲まずに北斗のことばかり考えていた。

就職のために上京して二年が経った。
仕事には慣れてきたもののある種の疲弊と閉塞感を抱くようになっていた。
「このまま流されてていいのだろうか」
そんな時、故郷の旧友からの連絡。有名シェフがフレンチレストランを開店したという報せ。
会話は昔話をともなって盛り上がり、休暇をとってそこで女子会を開こうという話がまとまった。
普段であれば冠婚葬祭でもないのに休暇をとるのは気兼ねする質だが、今回はそうすることに決めたのだ。

駅に降り、待ち合わせまでの時間を利用して予め土産を物色しようと訪れた店。
そこでアナタは、上京後、自然消滅してしまった元カレの北斗と偶然再会する。
恋人時代と変わらぬ会話にアナタの中にひとつの疑問が生じる。
「なぜ、この人と別れてしまったのか」
今は天文台付きの山小屋に住んでいるという北斗。
そのことへの好奇心を装い、女子会後の訪問を頼むアナタ。
見たこともないような立派な望遠鏡や囲炉裏のある温かな空間。
星や神話の解説をする北斗の声。そして消えないまま漂う疑問。
こらえきれずに回答を求めると一旦動揺した後、北斗は何かを自覚したといった感じになる。
やがて、二人から二年間の空白が溶け出し、アナタはいつの間にか北斗に押し倒されていた。


【キャラクター】
小飯塚北斗(コイヅカホクト) 26歳
天文ライター兼、星専門のカメラマン。
祖父が建築した、私設天文台のある山小屋で日々を過ごしている。学究肌でひとりで過ごすことが好き。
交友関係は狭く、内向的傾向は窺えるがコミュ障や他人への配慮が欠けているという訳ではない。
親密になるまでの時間は普通の人より必要とするが、人当たりはいい方。


※画像は、ジャケット画像ではありません。
※本作品は、イベントにて公開したシナリオをスタジオで再収録したものです。